Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通

また同社では「ProjectWEB」において、多要素認証が導入されておらず、不正アクセス防止対策が取られていなかったと説明。ログについてもプロジェクトごとに管理されており、一元管理が行われていなかった。

さらにプロジェクト情報が異なるプロジェクトのデータ領域に保存されていたり、終了したプロジェクトのデータが長期間保存されているなど、情報管理に不備があったことを認めた。

同社ではこれら問題を受け、再発防止に向けて運用管理の厳格化や社内確認の強化、運用状況のモニタリングなど体制の強化を図る。

新ツールには、日本マイクロソフトが提供する「SharePoint Online」「Teams」とBoxの「Box Enterprise」を採用。同社が設計、設定して運用していくという。

移行を決めた理由については、リモート開発が中心となり、顧客のニーズにタイムリーに対応するためとし、セキュアに情報を交換できるツールを採用したと述べた。

(Security NEXT - 2021/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター