Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本通運のシンガポール法人にサイバー攻撃 - 情報流出の可能性

日本通運は、シンガポールにある現地法人のシンガポール日本通運がサイバー攻撃を受け、一部情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によると、11月14日に同社が運用するサーバやパソコンの一部がマルウェアに感染し、第三者による不正な通信が行われていることが明らかとなったもの。データが外部に流出した可能性がある。

事態の発覚を受けて、同社では対象機器をネットワークから遮断。外部事業者協力のもと、攻撃が行われていた期間、原因、対象となるデータなど、詳細について調査するとともに復旧を進めている。データの暗号化や破壊といった被害についてはコメントを避けた。

サイバー攻撃による事業継続への影響は出ていないという。また日本を含め、シンガポール以外の国や地域で利用するシステムへの影響についても否定した。

同社では、個人情報が流出した可能性も踏まえ、現地の個人情報保護委員会であるPersonal Data Protection Commission(PDPC)に報告。捜査機関に対する被害届の提出については調査結果を待って判断するとしている。

(Security NEXT - 2021/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン