Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSの利用ルール啓発で、パスワード提出求める不手際 - 練馬区中学校

東京都練馬区は、市内中学校において、SNS利用の家庭内ルールに関する指導にあたり、誤ってパスワードを学校へ提出させる不手際があったことを明らかにした。

同市教育委員会より配布したリーフレット「我が家のSNSルール」を用いた指導において、市内中学校1校において、SNSのパスワードを提出するよう求めるミスが発生したもの。

問題のリーフレットは、家庭におけるSNS利用時のルールづくりを啓発するため、「SNS練馬区ルール」に基づき2020年6月に作成され、同区内小中学校へ配布された。スマートフォンやSNSの利用時間や置き場所、投稿などについて家庭内のルールを書き込む内容となっており、SNSのパスワードを記入する欄や家族でパスワードを共有する例示が行われている。

同区では同年8月、リーフレットの提出を求める場合は、パスワードを未記載としたり、マスキングするよう通達を出したが、同中学校では、三者面談の際にSNSのルールについて話題にしようとリーフレットを配布した際、パスワードの記載が不要であることを説明していなかった。

11月30日に同中学校に対して生徒の保護者から指摘があり、問題が発覚。276人からリーフレットの提出があったが、そのうち36人分にパスワードが記入されていた。

問題の判明を受けて、同校では12月3日に家庭に向けて謝罪文を送付。提出されたリーフレットは、校内で施錠保管し、三者面談の際に返却してパスワードの変更を求めるという。

(Security NEXT - 2021/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
アウトドアブームに便乗? 有名ブランドの偽サイトに注意
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「Confluence」の特定アプリに深刻な脆弱性 - 削除済みでも要対応
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
「mixi」をかたるフィッシング - 「アカウントの使用を制限」とだます