Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSの利用ルール啓発で、パスワード提出求める不手際 - 練馬区中学校

東京都練馬区は、市内中学校において、SNS利用の家庭内ルールに関する指導にあたり、誤ってパスワードを学校へ提出させる不手際があったことを明らかにした。

同市教育委員会より配布したリーフレット「我が家のSNSルール」を用いた指導において、市内中学校1校において、SNSのパスワードを提出するよう求めるミスが発生したもの。

問題のリーフレットは、家庭におけるSNS利用時のルールづくりを啓発するため、「SNS練馬区ルール」に基づき2020年6月に作成され、同区内小中学校へ配布された。スマートフォンやSNSの利用時間や置き場所、投稿などについて家庭内のルールを書き込む内容となっており、SNSのパスワードを記入する欄や家族でパスワードを共有する例示が行われている。

同区では同年8月、リーフレットの提出を求める場合は、パスワードを未記載としたり、マスキングするよう通達を出したが、同中学校では、三者面談の際にSNSのルールについて話題にしようとリーフレットを配布した際、パスワードの記載が不要であることを説明していなかった。

11月30日に同中学校に対して生徒の保護者から指摘があり、問題が発覚。276人からリーフレットの提出があったが、そのうち36人分にパスワードが記入されていた。

問題の判明を受けて、同校では12月3日に家庭に向けて謝罪文を送付。提出されたリーフレットは、校内で施錠保管し、三者面談の際に返却してパスワードの変更を求めるという。

(Security NEXT - 2021/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチを公開 - 「Emotet」「Trickbot」などが悪用したゼロデイ脆弱性を解消
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果