Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSの利用ルール啓発で、パスワード提出求める不手際 - 練馬区中学校

リーフレットに保護者がパスワードを管理するといった指導内容があることについて同区教委は、最終的には各家庭で判断することで、必ず家庭内で共有することを求めたものではないと説明。家庭内でルールづくりを進められるよう、話し合う内容のひとつとして取り上げたとしている。

小中学生がスマートフォンやタブレットを利用する際、事件や犯罪、子ども間のトラブルなどに巻き込まれることを懸念し、最初に端末を与える際に状況を把握できないことの不安を訴える保護者からの声なども反映したと述べた。

パスワードについて、保護者が管理すべき、第三者に教えるべきではないなど、さまざまな意見が寄せられているという。パスワードなどを不用意に第三者へ伝えてはいけないことを指導していかなければならないとの認識も持っており、学校でも指導を徹底できるよう努めていきたいとコメントした。

パスワードを保護者が管理するといった記載は、政府広報オンラインのコンテンツにも見られる。

「ネットの危険から子供を守るために保護者ができる3つのポイント」を解説しており、そのひとつに、「ルール作りは保護者の一方的に押しつけではなく、子どもと一緒に決めることが大事」とした上で、「パスワードは親が管理すること」をルールの1例として挙げている。

(Security NEXT - 2021/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

埼玉県、インスタの偽アカに注意喚起 - 「優勝した」などとだますDM
「ねんりんピックかながわ」に偽アカ - プレゼント企画に便乗する偽DMに注意
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
アウトドアブームに便乗? 有名ブランドの偽サイトに注意
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「Confluence」の特定アプリに深刻な脆弱性 - 削除済みでも要対応
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県