Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPN製品「SonicWall SMA 100シリーズ」に深刻な脆弱性 - WAF有効時も影響、早急に対応を

SonicWallのリモートアクセス製品「SonicWall SMA 100シリーズ」に深刻な脆弱性が複数含まれていることがわかった。悪用は確認されていないが、同社ではできる限り早急にパッチを適用するよう注意を呼びかけている。

リモートよりコードを実行されるおそれがあるバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2021-20038」「CVE-2021-20045」など、あわせて8件の脆弱性が明らかとなったもの。「SonicWall SMA 500v」「同410」「同400」「同210」「同200」が影響を受ける

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、なかでも「CVE-2021-20038」が「9.8」、「CVE-2021-20045」が「9.4」と高い。

さらにバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2021-20043」が「8.8」、CPUリソースの枯渇「CVE-2021-20041」が「7.5」と続く。これ以外にもコマンドインジェクションの脆弱性などCVSS基本値が「7.2」の脆弱性2件が含まれる。

これら製品には「ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)」が提供されているが、有効化していた場合も、「CVE-2021-20038」「CVE-2021-20045」をはじめ大半の脆弱性の影響を受けるという。

(Security NEXT - 2021/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ