Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPN製品「SonicWall SMA 100シリーズ」に深刻な脆弱性 - WAF有効時も影響、早急に対応を

SonicWallのリモートアクセス製品「SonicWall SMA 100シリーズ」に深刻な脆弱性が複数含まれていることがわかった。悪用は確認されていないが、同社ではできる限り早急にパッチを適用するよう注意を呼びかけている。

リモートよりコードを実行されるおそれがあるバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2021-20038」「CVE-2021-20045」など、あわせて8件の脆弱性が明らかとなったもの。「SonicWall SMA 500v」「同410」「同400」「同210」「同200」が影響を受ける

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、なかでも「CVE-2021-20038」が「9.8」、「CVE-2021-20045」が「9.4」と高い。

さらにバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2021-20043」が「8.8」、CPUリソースの枯渇「CVE-2021-20041」が「7.5」と続く。これ以外にもコマンドインジェクションの脆弱性などCVSS基本値が「7.2」の脆弱性2件が含まれる。

これら製品には「ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)」が提供されているが、有効化していた場合も、「CVE-2021-20038」「CVE-2021-20045」をはじめ大半の脆弱性の影響を受けるという。

(Security NEXT - 2021/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消
「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性