Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ZohoのUEM製品に深刻な脆弱性、すでに悪用も - 侵害状況の確認を

Zohoが提供するエンドポイント管理ソリューション「Zoho ManageEngine Desktop Central」「同MSP」に深刻な脆弱性が明らかとなった。悪用が確認されており、利用者に対してアップデートにくわえて、侵害状況を確認するよう注意が呼びかけられている。

細工したリクエストにより認証をバイパスし、同製品のサーバにおいてリモートより任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-44515」が判明したもの。同社は同脆弱性の重要度を「クリティカル(Critical)」と評価している。

脆弱性に対する悪用も確認されており、同社では現地時間12月3日にリリースした最新ビルド「同10.1.2127.18」「同10.1.2137.3」へできるだけ早く更新するよう求めた。

また「CVE-2021-44515」に対する攻撃の影響を受けたか確認するための「エクスプロイト検出ツール」を公開。あわせて攻撃者が設置したファイルなど、侵害された際に見られる「IoC(Indicators of Compromise)」情報を公開している。

脆弱性に対する侵害が確認された場合の対応方法についても説明しており、ネットワークから遮断し、バックアップを行った上で復元する必要がある。

(Security NEXT - 2021/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性を修正
「Citrix Workspace App for Linux」に権限昇格の脆弱性
WordPress向けクイズプラグインに3件の脆弱性
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消