Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサーバに脆弱性を突く不正アクセス - ロイヤルホームセンター

大和ハウスグループでホームセンターを展開するロイヤルホームセンターは、同社公式サイトのサーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同社によれば、11月12日に同サイトの管理を委託している事業者からサーバが不正アクセスを受けた可能性があるとの報告があり調査を進めていたもの。

同社では同日、理由を公表せずに同サイトを停止。外部事業者による調査を進めていたが、11月29日に完了し、脆弱性を突かれてサーバに侵入されたことがわかり、事態を公表した。

個人情報を含むデータの外部流出や疑いの痕跡は確認されなかったとし、同社は調査結果から情報流出の可能性は低いと説明。セキュリティ対策を講じたうえで12月1日にサイトを再開した。

同社公式アプリや通販サイト「ロイモール」については異なるシステムで運用しており、不正アクセスの影響はないとしている。

(Security NEXT - 2021/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も