Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大

愛媛大学は、同大において研究成果を公表しているウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされたことを明らかにした。

同大によれば、「研究成果ストックサイト」のサーバにおける改ざん被害が11月15日に判明したもの。サーバを停止して状況を確認するとともに、メンテナンスを実施している。

同大では、同月22日に警察へ被害届を提出。対象サーバに個人情報を含むファイルは保存されておらず、個人情報が流出した可能性はないとしている。

(Security NEXT - 2021/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数サーバが侵害、PW改ざんや不正ファイル設置 - こころネット
サイトが改ざん被害、アラビア語の通販サイトに誘導 - 三浦工業
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性