Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響

オンライン会議ソリューションを展開するZoomのクライアントソフトやオンプレミス製品、SDKなどに脆弱性が明らかとなった。脆弱性を修正するアップデートが提供されている。

「CVE-2021-34423」は、バッファオーバーフローの脆弱性。悪用された場合、アプリケーションがクラッシュし、任意のコードを実行されるおそれがある。同社は共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを「7.3」、重要度を「高(High)」としている。

またメモリの状態が漏洩するおそれがある「CVE-2021-34424」もあわせて明らかとなった。CVSS基本値は「5.3」で重要度は「中(Medium)」。

これら脆弱性は、「Zoom Client for Meetings」をはじめ、「Zoom Rooms for Conference Room」「Controllers for Zoom Rooms」などに影響があり、「Windows」や「macOS」「Linux」をはじめ、「iOS」「Android」「Blackberry」「Chrome OS」など幅広いプラットフォームが対象となっている。

さらに「Zoom Meeting SDK」「Zoom Video SDK」といった開発キットや複数のオンプレミス製品、「Zoom Hybrid Zproxy」「Zoom Hybrid MMR」など幅広い製品に存在するという。同社では各製品に対して脆弱性を修正したアップデートをリリースしており、最新版を用いるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
米政府、悪用済み脆弱性リストに15件を追加
脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器