Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者

コンサルティングや研修サービス事業を展開するジェックは、ランサムウェアの被害に遭い、顧客情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、同社サーバにおいてランサムウェアによる感染被害が発生し、顧客情報が外部に流出した可能性があることが判明したもの。11月4日朝に顧客情報を保存していたストレージにアクセスできない状態を確認し、被害に気がついた。

流出した可能性があるのは、2019年6月から2021年11月上旬にかけて研修やコンサルティングサービスを提供した顧客に関する情報。企業名、住所、電話番号、担当者の氏名、部署、役職、一部メールアドレスのほか、研修受講者の氏名、部署名なども含まれる。同社では対象となる事業者や個人情報の件数など精査を進めており、確認でき次第公表し、顧客に対して経緯の説明や謝罪を行うとしている。

また同社は今回のサイバー攻撃について、脆弱性を突く不正アクセスを受けたものと見ているが、攻撃経路、原因、被害の状況について外部事業者協力のもと調査を進めている。あわせて流出情報の監視なども行っている。

同社ではプライバシーマークを取得しており、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)に対して11月4日に事態を報告。同協会を通じて個人情報保護委員会にも報告した。警察に対しても11月5日に被害を届けている。

被害を受けたサーバについてはネットワークから切り離して利用を中止。セキュリティ対策を講じた上でバックアップよりデータを復元し、外部クラウドサービスに移行して業務を行っている。

(Security NEXT - 2021/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
サイバー攻撃で基幹システムなどに被害 - クロスプラス
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
石川県の日本酒蔵元にサイバー攻撃 - 販売管理システムが停止
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
バンナム複数グループ会社にサイバー攻撃 - 詳細は調査中