Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり

パナソニックのファイルサーバがサイバー攻撃を受け、内部に保存されていた一部データが外部に流出したことがわかった。原因や影響の範囲など詳細を調べている。

同社によると、国内に設置されたファイルサーバに対し、外部の第三者によるアクセスが行われ、一部データが不正に読み出されていたことが11月11日に判明したもの。

6月22日から11月3日にかけて複数回にわたり、同サーバに対して不審者によるアクセスが行われていたもので、同サーバ内部には従業員や取引先、同社の技術情報などが保存されていた。

攻撃の判明を受けて同社では同サーバに対する外部からのアクセスを遮断。サイバー攻撃にともなうデータの破壊行為などは確認されておらず、脅迫なども受けていないという。生産設備や事務作業が停止するといった業務への影響なども出ていない。

同社では外部事業者の協力のもと、同社では顧客の個人情報や社会インフラに関する機微情報、知的財産などが含まれていないかなど、影響の範囲や原因について調査を進めている。また内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)や警察に被害を報告した。

(Security NEXT - 2021/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
サイバー攻撃で基幹システムなどに被害 - クロスプラス
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
石川県の日本酒蔵元にサイバー攻撃 - 販売管理システムが停止
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ