Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましメール発生、ネットバンキングも一時利用不能に - 都留信組

都留信用組合は、同組合を装う「なりすましメール」が不特定多数に送信されたり、ウェブページを一時利用できなくなるなど、外部よりサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

同組合によれば、11月23日に7時から8時にかけて、同組合を装った「なりすましメール」が不特定多数に対して送信されたという。メールに記載されていた内容についてはわかっていない。

また同日17時から21時にかけてウェブサイトが閲覧できない状態に陥った。これにともない、ウェブサイト経由でのオンラインバンキングも利用不能となった。

ウェブサイトについては11月24日の時点で復旧している。原因については、システムを運用する外部事業者が調査を進めているという。また今回の攻撃による店舗の窓口やATMへの影響については否定した。

(Security NEXT - 2021/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
サイバー攻撃で基幹システムなどに被害 - クロスプラス
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
石川県の日本酒蔵元にサイバー攻撃 - 販売管理システムが停止
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
バンナム複数グループ会社にサイバー攻撃 - 詳細は調査中