Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出

JPCERTコーディネーションセンターは、インシデントや脆弱性の報告者を表彰する「JPCERT/CCベストレポーター賞」をあらたに創設した。

同センターにおけるインシデント対応や脆弱性ハンドリングにおいて、問題解決につながる重要な情報を提供した報告者に対し、感謝の意を表する目的で今回あらたに創設したもの。「インシデント報告部門」「脆弱性報告部門」があり、2021年度は「インシデント報告部門」で1名、「脆弱性報告部門」において1団体を選出した。

「インシデント報告部門」は、サイバーディフェンス研究所の笹田修平氏が受賞。インターネット上にホストされていた改ざんサイトやフィッシングサイトについて多数報告を行ったことを受賞理由に挙げている。

また「脆弱性報告部門」では、社内外で発見された自社製品の脆弱性情報を報告。アドバイザリや注意喚起の公表を通じてリスクの低減に寄与したとして、トレンドマイクロを選出、表彰した。

(Security NEXT - 2021/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の候補者を公募中 - 総務省
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
セキュ分野功績者を表彰する「総務大臣奨励賞」が募集開始
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
若手対象「辻井重男セキュリティ論文賞」募集開始 - JSSM
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状