Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市

神奈川県三浦市は、子宮頸がん検診の受診を促すハガキを送付した際、誤った宛先に送付していたことを明らかにした。

同市によれば、保健福祉部健康づくり課において、子宮頸がん検診の受診勧奨ハガキ1286件を異なる宛名に送付するミスがあったという。

11月12日に発送したが、同月16日に郵便局から返送があり問題が判明。19日時点で815件が市に返送された。宛名と異なる住所に届いたケースも2件の申し出があったという。

送付対象者の名簿を作成する際、データの並べ替え時に操作ミスがあり、誤った内容のままハガキを印刷してしまったという。読み合せ作業も行っていたが、名簿の誤りに気が付かなかった。

同市では、対象者に謝罪の書面と勧奨の案内を再度発送。同案内や同市サイトのアナウンスを通じて誤ったハガキを受け取った場合に申し出るよう呼びかけ、回収に努めるとしている。

(Security NEXT - 2021/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
県立高で2度にわたりメールの誤送信が発生 - 佐賀県
手続き案内と勘違い、個人情報含むファイルを誤送信 - 高知労働局
私用メアドを登録ミス、業務メールを約4カ月間誤送信 - 厚労省
案内メールの誤送信で新入生間にメアドが流出 - 神戸国際大
メール誤送信で講座参加者のメアド流出 - 京都市スポーツ協会
誤送信で新規採用教員のメールアドレスが流出 - 福岡市