Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー

あしながおじさんやサヴァサヴァなど婦人靴ブランドを展開するクロスロードは、新型コロナ対策のために実施したウェブアンケート結果が、他顧客から閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同社によれば、ファミリーセールの開催にあたり、新型コロナウイルス感染症防止対策の一環として会場へ健康調査リストを提出する義務があったことから、Googleフォームを利用した健康アンケート調査を実施したが、他顧客による回答内容も閲覧できる状態となっていたもの。

11月18日にLINEでアンケートページのURLを告知したところ、同日にアンケートへ回答した顧客から、ボタン操作により他顧客の回答を閲覧できるとの指摘があり、問題が判明した。

情報を閲覧できる状態となっていたのは、11月18日19時から19日9時10分までの回答最大155件。氏名、住所、電話番号、メールアドレス、健康アンケートの回答など含まれる。

同社ではGoogleフォームの設定を修正した。原因の究明や発生の経緯、対象範囲などは確認中としている。

(Security NEXT - 2021/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府
顧客向けセミナー案内メールを「CC」送信 - 電通国際情報サービス
広報誌を誤送信で関係者のメアド流出 - 公取委
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市
イベント参加者への案内メールで誤送信 - 産総研
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会