Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正

マイクロソフトは、「Windows 10 Update Assistant」に関する2件の脆弱性を公表し、修正済みのツールをウェブサイトで公開した。

「Windows 10 Update Assistant」は、最新版の「Windows 10」をダウンロードし、インストールするために用意されたツール。同社ウェブサイトで配布している。

今回、定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」とは異なるタイミングで修正を実施したもので、同ツールに明らかとなった権限昇格の脆弱性「CVE-2021-42297」「CVE-2021-43211」に対処している。

いずれも取得できる権限の範囲はファイルの削除のみで、ファイルの内容を閲覧したり、変更する権限は得られないとしている。また「CVE-2021-43211」に関しては、すでに情報が公開されているという。

重要度は4段階中、2番目に高い「重要(Important)」。「CVE-2021-43211」の共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアは「5.5」、「CVE-2021-42297」は「5.0」とレーティングされている。

脆弱性の判明を受け、同社は脆弱性に対処した同ツールをウェブサイトで公開した。

(Security NEXT - 2021/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施