Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正

マイクロソフトは、「Windows 10 Update Assistant」に関する2件の脆弱性を公表し、修正済みのツールをウェブサイトで公開した。

「Windows 10 Update Assistant」は、最新版の「Windows 10」をダウンロードし、インストールするために用意されたツール。同社ウェブサイトで配布している。

今回、定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」とは異なるタイミングで修正を実施したもので、同ツールに明らかとなった権限昇格の脆弱性「CVE-2021-42297」「CVE-2021-43211」に対処している。

いずれも取得できる権限の範囲はファイルの削除のみで、ファイルの内容を閲覧したり、変更する権限は得られないとしている。また「CVE-2021-43211」に関しては、すでに情報が公開されているという。

重要度は4段階中、2番目に高い「重要(Important)」。「CVE-2021-43211」の共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアは「5.5」、「CVE-2021-42297」は「5.0」とレーティングされている。

脆弱性の判明を受け、同社は脆弱性に対処した同ツールをウェブサイトで公開した。

(Security NEXT - 2021/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性