Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Check Point製ブラウザセキュリティ製品のインストーラーにLPE脆弱性

Check Point Software Technologiesが提供する「Harmony Browse」「SandBlast Agent for Browsers」のWindows向けインストーラーに脆弱性が明らかとなった。

「同90.08.7405」より以前のバージョンにおいて、エンドポイントにおける管理者権限を取得できる権限昇格の脆弱性「CVE-2021-30359」が明らかとなったもの。

インストールの手順で管理者権限が用いられるが、インストーラーを用いた修復作業は通常のユーザー権限で実行することができ、特別に細工されたバイナリを特定のフォルダに配置することで、管理者権限によるコードの実行が可能となるという。

同社は重要度をもっとも低い「低(Low)」と評価している。一方、米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.8」とし、「高(High)」とレーティングした。

同社では管理者権限なしでの実行を許可しないよう修正したインストーラー「同90.08.7405」を公開。利用者に最新版を利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Samba」に複数の脆弱性 - ドメインを乗っ取られるおそれも
複数のAtlassian製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
「Apache Hive」にユーザー定義関数を上書きされる脆弱性
「Firefox 97」がリリース - 脆弱性12件を修正