Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部転居届で処理漏れ、転送未実施に - 日本郵便

日本郵便は、一部転居届のデータ処理が行われておらず、転送サービスが未実施となっていたことを明らかにした。

同社では、旧住所宛の郵便物を新住所に無料で転送する「転居・転送サービス」を提供しているが、転居届管理センターにおいて、一部転居届の処理漏れが発生したもの。

10月12日に到着した50件、同月14日に到着した300件において、データ処理の作業が行われておらず、転送サービスが未実施となっていたことが判明した。

同社では、事態を公表するとともに謝罪。同月に到着した転居届の対応状況についてあらためて確認し、漏れが生じていたケースについても、10月29日より配達を担当する郵便局において転送処理を開始した。

(Security NEXT - 2021/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
手芸用品通販サイトに不正アクセス - 社内ネットワーク経由でサイト改ざん
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市