Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医薬品開発支援のリニカル、今度は欧州子会社にサイバー攻撃 - 身代金要求の脅迫も

医薬品臨床開発の支援事業を展開するリニカルは、欧州の子会社においてサイバー攻撃を検知したことを明らかにした。

現地時間10月21日に欧州の同社子会社において攻撃を検知したもの。欧州や日本を含むアジア、米国とのネットワークを遮断し、外部事業者の協力のもと被害状況など調査を進めている。

27日の時点でデータが流出や破壊などの被害は確認されていないとしているが、10月25日夜に犯罪グループ「Ragnar Locker」を名乗る者から脅迫メッセージが届き、窃取したとするデータに対し、身代金を支払うよう要求を受けたという。同社では脅迫に対して連絡を取ることや、要求に応じる予定はないとの姿勢を示した。

同社では、10月5日にも日本本社においてサーバに第三者よりアクセスを受けた形跡が見つかったことを明らかにしている。これまでの調査でデータの破壊や情報が流出した痕跡などは見つかっていないとする一方、今回行われた攻撃との関連性も含め、追加で調査を行うとしている。

(Security NEXT - 2021/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃