Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性

コミュニティのディスカッションが行えるプラットフォーム「Discourse」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

同ソフトは、フォーラムやメーリングリストなどの機能を提供するオープンソースソフトウェア。Civilized Discourse Construction Kitが開発している。

細工したリクエストを送りつけることで、リモートよりコードを実行されるおそれがあるOSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2021-41163」が明らかとなったもの。「同2.7.8」および以前のバージョンのほか、ベータ版なども影響を受ける。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは最高値となる「10.0」で、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は脆弱性を修正した「同2.7.9」をリリースするとともに回避策をアナウンスし、利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Samba」に複数の脆弱性 - ドメインを乗っ取られるおそれも
複数のAtlassian製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
「Apache Hive」にユーザー定義関数を上書きされる脆弱性
「Firefox 97」がリリース - 脆弱性12件を修正
WP向け人気フォームプラグインの関連プラグインにCSRFの脆弱性