Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ

化学メーカー大手のクラレは、サーバがサイバー攻撃に遭い、データが外部に流出したことを明らかにした。障害などは発生しておらず、事業継続などへの影響も出ていないという。

同社によれば、同社が運用するサーバより、データが外部に転送された痕跡を10月1日に確認したもの。原因や影響の範囲など詳細について外部事業者協力のもと調査を進めている。

サイバー攻撃にともなうシステムの障害や暗号化といった被害は10月19日の段階で確認されておらず、脅迫なども受けていないという。攻撃を受けた日時や被害が判明した経緯、流出した可能性がある具体的なデータの内容などは「調査中」としてコメントを避けた。

調査のために一部サーバを停止しているが、事業継続に目立った影響は出ていない。同社では所管官庁へ事態を報告するとともに、警察に被害を相談している。

(Security NEXT - 2021/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
サイバー攻撃で基幹システムなどに被害 - クロスプラス
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
石川県の日本酒蔵元にサイバー攻撃 - 販売管理システムが停止
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
バンナム複数グループ会社にサイバー攻撃 - 詳細は調査中