Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性

マイクロソフトは、「Surface Pro 3」にセキュアブートをバイパスされる脆弱性が存在することを明らかにした。他社デバイスも影響を受ける可能性があるという。

「Surface Pro 3」において、デバイスとソフトウェアの構成に関する情報を記録する「プラットフォーム構成レジスタ(PCR)」を拡張することが可能となる脆弱性「CVE-2021-42299」が存在することを明らかにしたもの。ブートプロセスにおいて「PCR」をチェックすることで、デバイスの状態を判断するが、脆弱性を悪用することで問題ないデバイスであると偽装できるという。

同社は、重要度を上から2番目にあたる「重要(Important)」とし、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「5.6」とレーティングした。脆弱性の悪用や公表は確認されていない。脆弱性の悪用可能性指標は「悪用される可能性は低い」としている。

アップデートは公開されておらず、脆弱性を悪用するには、端末へ物理的にアクセスするか、ユーザーの認証情報を取得する必要があるとして、デバイスへの物理的なアクセスを防ぐよう求めている。

同社は脆弱性が存在するデバイスとして「Surface Pro 3」を挙げており、「Surface Pro 4」「Surface Book」は影響を受けない。一方、同社以外のデバイスにおいても同様の「BIOS」を使用している場合は、同脆弱性の影響を受ける可能性があるとしている。

(Security NEXT - 2021/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正