Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会

照明学会は、講演案内メールの誤送信が発生し、会員のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同会によれば、東海支部において9月27日11時ごろに送信した「あかりの日記念講演 2021」の案内メールにおいて送信ミスが発生したもの。

送信先を宛先に設定したため、受信者間で東海支部の会員177人分のメールアドレスが閲覧できる状態となった。送信エラーのメッセージを受信したため、同様のメールを7回送信したという。

翌28日、受信者からの連絡により誤送信が判明。10月1日にかけて、対象となる会員に謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2021/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦