Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル取り違え、個人情報残る報告書をサイトで公開 - 滋賀県

滋賀県は、県内事業者より提出された低炭素化の取り組みに関する計画書や報告書を、個人情報が残ったまま同県ウェブサイトに掲載していたことを明らかにした。

同県によれば、同県の「滋賀県低炭素社会づくりの推進に関する条例」に基づき、県湖北環境事務所管内の48事業所より事業者行動計画書や報告書の提出を受け、6月2日にPDFファイルとして報告書を掲載したが、担当者など個人情報を含んだ状態のまま公開していたという。

誤って掲載した書類には、48事業所のメールアドレス、担当者名、電話番号、ファックス番号が含まれる。9月14日に関連する事業所より個人情報が削除されずに掲載されているとの指摘があり、問題が判明した。

同県では、掲載用に個人情報を削除したファイルを用意していたが、誤って個人情報が含まれる保存用ファイルを掲載してしまったという。

同県では、対象となる事業所に経緯を説明して謝罪。対象となるファイルの公開を中止し、本来掲載する予定だったファイルに差し替えた。今後は、保存と掲載目的のファイルをわけて保存し、掲載時には複数の職員で確認するなど、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2021/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通信資格講座の「合格者の声」に匿名希望者の氏名
個情委、破産者情報の違法公開サイトを告発
メールアドレスリスト含む異なるファイルをサイトに誤掲載 - 愛知県病院薬剤師会
「市民の声」投稿者の個人情報をサイトに誤掲載 - 豊中市
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
民生委員向け調査資料に非対象者の個人情報 - 龍ケ崎市
県民割登録宿泊施設の非公開情報を誤掲載 - 群馬県
都労働委員会公表の命令書に個人情報 - 匿名化せず公開
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市