Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JVCケンウッドの欧州グループ会社にサイバー攻撃 - メール障害から判明

JVCケンウッドは、欧州のグループ会社がサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。外部専門家もまじえて詳細について調査を進めている。

同社によると、欧州にあるグループ販売会社においてメールの送受信ができなくなる障害が発生し、調べたところ外部よりアクセスされていたことが9月22日に判明したもの。

今回のサイバー攻撃により、オランダ、ベルギー、イギリスのグループ会社が影響を受けた。対象となるシステムや原因など詳細については調査中としており、個別に攻撃が行われたのか、共有するシステムが攻撃対象となったのかは不明。障害が生じたメールサーバのほか、ファイル共有サーバなども外部よりアクセスを受けた可能性があるという。

ファイル共有サーバの内部には従業員や取引先関係者の連絡先など個人情報も保存されていた。同社では、現地で外部専門家をまじえて立ち上げた対策チームのもと、情報が外部に流出した可能性も含めて詳しく調べている。また今回の事態を受けて現地当局に報告を行った。

影響を受けたシステムについては、あらたに暫定システムを立ち上げ、業務を再開させた。9月29日の時点で国内への影響は確認されていないが、あわせて調査を行うとしている。

(Security NEXT - 2021/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
JTB海外グループ会社にサイバー攻撃 - 犯行声明も
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
航空会社向け顧客管理システムに不正アクセス - JALやANAにも影響