Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop

電気小売事業を展開するLooopは、「Looopでんき」の一部顧客に対して、異なる顧客の個人情報が記載されたメールを送信するミスがあったことを明らかにした。

同社によれば、同社が4月から6月にかけて低圧小売契約の契約者を対象に実施した「在宅応援キャンペーン」の参加者に対し、9月10日と11日未明にメールでギフト券などを送信したところ、本来の宛先とは異なる顧客に対して送信するミスがあったもの。

同キャンペーンは、特定時間帯に増加した使用電気量に対してギフト券を還元するもので、同社からポイントを付与する事業者に提供したリストに誤りがあったという。9月11日朝に寄せられた問い合わせや、SNSへの投稿などにより問題へ気がついた。

問題のメールには、顧客の氏名、ポイントの情報、Amazonギフト券の情報など個人情報が記載されていたという。

同社では、誤って送信したメールを受信した顧客に対してメールで削除を依頼するとともに、電話でも謝罪を行った。情報が流出した顧客に対しては、謝罪として500円分のAmazonギフト券を贈るとしている。

(Security NEXT - 2021/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要