Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み

Googleは、現地時間9月24日に「Windows」「macOS」「Linux」向けに脆弱性を修正したセキュリティアップデート「Chrome 94.0.4606.61」をリリースした。すでにエクスプロイトが確認されているという。

今回のアップデートは、外部コンテンツを読み込む「Portals」に明らかとなった解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2021-37973」に対応したもの。前回の安定版は現地時間9月21日にリリースされたばかりで、わずか3日で更新を実施した。

Sergei Glazunov氏とMark Brand氏の支援を受けたGoogle TAGのClément Lecigne氏より、9月21日に同脆弱性の報告があったという。詳細は明らかとなっていないが、Googleではすでにエクスプロイトが出回っていることを把握しているという。

同脆弱性に対応した「Chromium」のアップデートを受けて、マイクロソフトでも、新版となる「Microsoft Edge 94.0.992.31」をリリースした。

(Security NEXT - 2021/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を