Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市

岐阜県恵那市は、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種実施を案内するメールを送信した際、登録者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、8月14日9時過ぎに岐阜県が実施する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種について登録者232人に対し、予定通り実施することをメールで案内したところ、95人分のメールアドレスが流出したもの。

5グループにわけてメール送信したが、2グループにおいて送信先を誤って「CC」に設定したため、それぞれ46人分、49人分のメールアドレスが同一グループ内に表示された。

当初同市では、同月16日に対象者へ電話で謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼する一方、メールアドレスは個人情報の流出にあたらないとの判断から公表していなかった。9月17日に登録者から連絡があり、再度検討した結果、公表に至ったという。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、一部日付の記載に誤りがあり、修正いたしました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2021/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市