Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇

CODE BLUE実行委員会は、10月19日と20日に開催を予定している「CODE BLUE 2021」の講演者を発表した。

同イベントは、国内外よりセキュリティ専門家が参加する日本発のセキュリティカンファレンス。2021年は会場とオンライン配信を組みあわせたハイブリッド形式で開催する。

今回あらたに基調講演を含む13講演について講演者やテーマを発表した。基調講演には、ウエスタンシドニー大学で教授を務めるAlana Maurushat氏を招聘。「人間行動とサイバーセキュリティへの没入型調査」をテーマとする講演を予定している。

さらに「ProxyLogon」など「Microsoft Exchange Server」における一連の脆弱性を発見、報告したOrange Tsai氏による講演や、日本をターゲットにした「Lazarusグループ」による活動の分析など、国内外の専門家が登壇する。

また講演以外にも、辻伸弘氏、根岸征史氏、Piyokango氏によるPodcast番組「セキュリティのアレ」の公開収録や、学生の双方向交流を支援するオンライン交流会なども予定している。

(Security NEXT - 2021/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開