Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「新冠ワクチン接種のお知らせ」? - ワクチン接種の便乗フィッシングに注意

「厚生労働省」を装い、自衛隊大規模接種センターの予約サイトに見せかけた偽サイトへ誘導し、個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されている。

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、厚生労働省を装い、「新冠ワクチン接種のお知らせ」といった件名のメールを送り付け、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されたもの。

誘導先の偽サイトは「コロナワクチンナビ」を偽装。氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレスをだまし取る。

新型コロナウイルスワクチンの接種費用は国が負担しており、ワクチン接種予約で公的機関がクレジットカード情報を求めることはありえないが、偽サイトでは「クレジットカード情報」についても詐取しようとしていた。

9月15日の時点で稼働も確認されていることから、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼。類似したフィッシングサイトに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口
「Amazonプライムデー」に便乗、フィッシング攻撃増加 - 関連ドメイン取得の動きも
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に