Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道

明知鉄道は、不正アクセスを受け、ウェブサイトが改ざんされ、顧客情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、9月2日にウェブサイトの改ざんが発覚し、サーバが不正アクセスを受けたことが判明したもの。同日同社では予約サイトを停止。被害状況について調査を進めている。

今回の不正アクセスにより、ウェブサイト経由で食堂車を予約した顧客の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど最大4698件、ウェブサイトで問い合わせを行った顧客の氏名、メールアドレス、問い合わせ内容など最大880件が流出した可能性があるという。

9月7日にウェブサイトは復旧したが、サイト経由の予約は調査が終了するまで一時停止し、当面は電話とメールでのみ予約を受け付ける。

(Security NEXT - 2021/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店