Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アジア圏U25対象のCTF大会「ACSC 2021」 - 成績優秀者はアジア代表に

ACSC運営委員会は、アジア圏内の25歳以下を対象としたCTF大会「Asian Cyber Security Challenge 2021」を9月18日、19日にオンラインで開催する。

同イベントは、2021年1月1日時点で25歳以下のアジア圏在住者を対象としたCTF(Capture The Flag)大会。クイズ形式でセキュリティに関する技術や知識を問うオンライン形式の個人戦で、参加費は無料。

すぐれた技術を備えるアジア圏の若手CTFプレイヤーを発掘するもので、成績優秀者は、アジア代表のチームメンバーとして、12月にギリシアのアテネで開催されるICC運営委員会とENISA主催の国際大会「International Cyber security Challenge 2021」に参加することが可能。

「ICC 2021」の参加にあたっては、参加費、交通費、宿泊費、食費などをサポート。若手技術者の国境を超えた交流や、国際社会におけるコミュニティの形成などを後押しする。

CTFのルールや申し込みなど大会の詳細についてはウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生向けCTF「NetWars 2021」、11月に開催 - NRIセキュア
国内最大級のCTF大会「SECCON 2021」、12月に開催 - 初心者向けCTFなど5月よりスタート
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON