Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アジア圏U25対象のCTF大会「ACSC 2021」 - 成績優秀者はアジア代表に

ACSC運営委員会は、アジア圏内の25歳以下を対象としたCTF大会「Asian Cyber Security Challenge 2021」を9月18日、19日にオンラインで開催する。

同イベントは、2021年1月1日時点で25歳以下のアジア圏在住者を対象としたCTF(Capture The Flag)大会。クイズ形式でセキュリティに関する技術や知識を問うオンライン形式の個人戦で、参加費は無料。

すぐれた技術を備えるアジア圏の若手CTFプレイヤーを発掘するもので、成績優秀者は、アジア代表のチームメンバーとして、12月にギリシアのアテネで開催されるICC運営委員会とENISA主催の国際大会「International Cyber security Challenge 2021」に参加することが可能。

「ICC 2021」の参加にあたっては、参加費、交通費、宿泊費、食費などをサポート。若手技術者の国境を超えた交流や、国際社会におけるコミュニティの形成などを後押しする。

CTFのルールや申し込みなど大会の詳細についてはウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON CTF 2023」が開催 - 米韓混合チームが優勝
まもなく「SECCON 2023電脳会議」が開催 - 事前登録を受付中
「CODE BLUE 2023」のタイムテーブル - 脆弱性関連の講演充実
「SECCON CTF 2023」の予選参加登録がスタート - 週末開催へ
NEC、学生向けにオンラインCTFを開催 - 従業員も参加、交流会も
「SECCON CTF 2023」決勝は12月に都内で - 予選は9月を計画
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞を発表 - 早大教授の森達哉氏ら受賞
若年層向けCTFのアジア選抜予選、「ACSC 2023」がまもなく開催
「SECCON CTF」が3年ぶりにリアル開催 - 1点差の接戦も
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞