Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと

工業用水事業を運営するウォーターサークルくまもとは、大雨にともなう情報提供メールにおいて、受水企業のメールアドレス一覧を誤って添付したことを明らかにした。

同社によれば、8月12日以降、大雨に伴う情報提供を行ってきたが、8月18日15時過ぎ、受水企業27社に第7報を送信した際、情報提供資料のファイルを添付すべきところ、受水企業27社の送信先メールアドレス一覧のファイルを取り違えて添付するミスがあったという。

従業員が添付ファイルの内容を確認せずに送信し、別の従業員が直後に気が付き問題が判明。同日から翌19日にかけて、送信先の企業に電話で謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。

今回の問題を受け、同社では従業員の再教育を行うほか、添付ファイルの再確認の徹底や、発信する内容の二重チェックを実施し、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2021/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
イベント案内メール誤送信、顧客メアド流出 - 岩谷産業
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市
イベント案内メールを「CC」送信 - シナネン
高校でメール誤送信、体験授業参加者のメアド流出 - 大阪府
メール誤送信で博物館担当者のメアド流出 - 東京都教育委員会
就職イベントの案内メールに学生リストを誤添付 - 富山県