Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと

工業用水事業を運営するウォーターサークルくまもとは、大雨にともなう情報提供メールにおいて、受水企業のメールアドレス一覧を誤って添付したことを明らかにした。

同社によれば、8月12日以降、大雨に伴う情報提供を行ってきたが、8月18日15時過ぎ、受水企業27社に第7報を送信した際、情報提供資料のファイルを添付すべきところ、受水企業27社の送信先メールアドレス一覧のファイルを取り違えて添付するミスがあったという。

従業員が添付ファイルの内容を確認せずに送信し、別の従業員が直後に気が付き問題が判明。同日から翌19日にかけて、送信先の企業に電話で謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。

今回の問題を受け、同社では従業員の再教育を行うほか、添付ファイルの再確認の徹底や、発信する内容の二重チェックを実施し、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2021/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER
メール誤送信で歴史ツアー参加者のメアド流出 - 横須賀市観光協会
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
保育施設運営事業者へのメールで誤送信、メアド流出 - 大阪市
文化振興財団においてメールの誤送信が発生 - 豊田市
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - クリアソン新宿
個人情報含む道路占用届書をメール誤送信 - 国交省