Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務関連データがランサム暗号化、外部流出か - オリコンサル

建築関連のコンサルタント事業を展開するオリエンタルコンサルタンツをはじめ、複数の同社グループ会社がランサムウェアによるサイバー攻撃を受け、データの暗号化など被害が生じていることがわかった。

持株会社であるオリエンタルコンサルタンツホールディングスをはじめ、オリエンタルコンサルタンツ、オリエンタルコンサルタンツグローバル、リサーチアンドソリューション、エイテック、アサノ大成基礎エンジニアリング、中央設計技術研究所など関連グループで利用する複数のサーバが、8月15日、19日の2度にわたりランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたもの。

ランサムウェアにより、サーバ内に保存されていた業務関連の多数データが暗号化され、外部に流出した可能性がある。被害の拡大を防止するため、すでにサーバは停止しているという。

各社は復旧に向けて調査と対応を進めているとし、被害状況や再発防止策については調査が進み次第報告すると説明している。

同社グループでは、複数の自治体より公共事業を受託しているが、受託事業への影響などは明らかにしていない。オリエンタルコンサルタンツは、本誌取材に対して「現状発表していること以上のことを話すことはできない」として、コメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
サーバにサイバー攻撃、ランサムウェアか - NITTAN
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン
明治の海外グループ会社がランサム被害 - 犯行声明も
サーバへランサム攻撃、情報流出を確認 - リケン
SOMPOホールディングスの海外グループ会社にサイバー攻撃 - サーバ7台が被害
一部店舗で無人チェックインシステムがランサム被害 - H.I.SホテルHD
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運