Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同意なく個人情報をメーカー登録 - トヨタ販売店9社

一部自動車販売店において、顧客の同意なく、トヨタ自動車に個人情報が提供されていた問題で、同社は販売会社9社において合計3318件発生していたことを明らかにした。

販売店において、トヨタ自動車の顧客認証サービス「TOYOTA・LEXUS共通ID」を発行するために、顧客から同意を得ることなく、同システムに対して顧客情報の登録が行われていたもの。

3月に福岡トヨペットにおいて問題が発覚。その後、全国の販売店において同様の事例がないか調査を進めていた。

今回の調査により、1697件を登録していた神戸トヨペットのほか、福岡トヨタ自動車、兵庫トヨタ自動車、岡山トヨペット、ネッツトヨタ徳島、トヨタカローラ愛豊、埼玉トヨタ自動車、トヨタカローラ沖縄、トヨタカローラ道北の9社において合計3318件が同意なく提供されていることが判明した。

(Security NEXT - 2021/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月