Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ問題に便乗、厚労省装うフィッシング - 証明書写真など詐取

感染拡大が続く「新型コロナウイルス感染症」の問題に便乗し、厚生労働省からのお知らせなどと称して個人情報を騙し取るフィッシング攻撃が発生している。

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、フィッシングメールは「【重要】新しいコロナウイルスの発生の予防と管理」といった件名で送信されているという。

本文には、「重要なお知らせ」などと記載。新型コロナウイルス感染症の防疫作業や緊急救援の調整のために協力を求める内容に見せかけ、誘導先のサイトで氏名や電話番号のほか、身分証明書の画像などをだまし取ろうとしていた。

また新型コロナウイルス感染症における症状の有無、体温、ワクチン接種の状況なども入力を求める。また厚生労働省の表記が「厚生勞動省」となっていたほか、「ワクチンを通過したのでしょうか」など、不自然な表現も見られた。

8月13日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
「東京ガス」装うフィッシング - 「対応しないと供給停止」と不安煽る
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
「電気料金未払い」と不安煽りクレカ情報だまし取るフィッシング
フィッシング攻撃で日本赤十字社のメアドになりすまし
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
「ビックカメラ」からの「異常通知」装うフィッシング攻撃
「支援金5万円」とだますフィッシング - 偽マイナポータルへ誘導