Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアカ2件に不正アクセス、スパムの踏み台に - 徳洲会関連病院

医療法人の葉山ハートセンターは、複数のメールアカウントが不正アクセスを受け、大量の迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同センターによれば、メールアカウント2件が不正アクセスを受け、7月30日8時過ぎから同日11時半過ぎにかけて、これらアカウントより大量の迷惑メールが送信されたもの。メールシステムは、医療情報システムと接続されていないという。

不正アクセスを受けた原因や送信された迷惑メールの件数、記載内容、メールアカウント内に保存された情報などへの影響など、詳細は明らかにしていない。本誌では同センターに対して取材を求めたが、コメントは得られなかった。

同センターでは、対象となるアカウントを停止し、警察に相談した。期間中に同センターのドメインを発信元とするメールを受信していた場合は、開かずに削除するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大
従業員アカウントに不正アクセス、取引先情報流出のおそれ - オリコン
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所