Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマダ電機で販売された中古PCにウイルスが混入のおそれ

ヤマダ電機のグループ会社で中古パソコンの買い取りや販売事業を展開するインバースネットは、ヤマダ電機の各店舗で販売された中古パソコンの一部に、ウイルス感染のおそれがあると発表した。

同社の栃木リペアセンターにおいて、生産ラインで使用している検査用メモリースティック1本から外部メモリや共有ネットワーク経由で感染を広げるウイルス「WORM.DOWNAD.AD」が検出されたもの。

同社では、2010年2月12日から6月23日までヤマダ電機各店舗の中古パソコンコーナーで販売した製品へウイルスが混入している可能性があるとし、対象機種のメーカー名やシリアル番号などを公開。心当たりのあるユーザーへ確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を