Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正なアクセスを検知、詳細は調査中 - ALSOK介護

綜合警備保障の子会社で介護事業を展開するALSOK介護は、同社で利用するネットワーク機器が不正アクセスを受けたと発表した。詳細については調査中としている。

同社によれば、7月27日にネットワーク機器に対する不正なアクセスを検知したという。判明を受けて同社では機器に対するアクセスを遮断した。

本誌では同社に対して取材を行ったが、不正アクセスを受けたとされる機器や具体的な内容についてコメントは得られなかった。

一方、8月4日の時点で具体的な被害は確認されておらず、業務への影響も出ていないとしている。同社では、今後の対応も含めて警察に相談するとともに、詳細について調査を進めている。

(Security NEXT - 2021/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
たち吉の陶磁器通販サイトでクレカ情報流出の可能性
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
サーバがランサムウェアに被害に - 医療機器販売会社