Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性

ドイツのGeutebrückが提供するネットワークカメラやエンコーダーに深刻な脆弱性が明らかとなった。グローバルにおいて重要インフラをはじめ、幅広い環境で利用されており、国内外のセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「G-Cam E2」「G-Code」に認証欠如の脆弱性「CVE-2021-33543」をはじめ、コマンドインジェクションやバッファオーバーフローなど、あわせて12件の脆弱性が明らかとなったもの。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「CVE-2021-33543」が「9.8」。残る11件の脆弱性はいずれも「7.2」とレーティングされている。

同社では、脆弱性に対処したファームウェア「バージョン1.12.14.7」をリリースしており、セキュリティ機関ではアップデートを強く推奨するとともに、アップデートできない場合は、パスワードの変更、アクセスの制限やネットワークの分離、カメラの停止、ネットワークからの遮断など緩和策の実施を呼びかけている。

今回明らかとなった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-33543
CVE-2021-33544
CVE-2021-33545
CVE-2021-33546
CVE-2021-33547
CVE-2021-33548
CVE-2021-33549
CVE-2021-33550
CVE-2021-33551
CVE-2021-33552
CVE-2021-33553
CVE-2021-33554

(Security NEXT - 2021/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応