Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性

ドイツのGeutebrückが提供するネットワークカメラやエンコーダーに深刻な脆弱性が明らかとなった。グローバルにおいて重要インフラをはじめ、幅広い環境で利用されており、国内外のセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「G-Cam E2」「G-Code」に認証欠如の脆弱性「CVE-2021-33543」をはじめ、コマンドインジェクションやバッファオーバーフローなど、あわせて12件の脆弱性が明らかとなったもの。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「CVE-2021-33543」が「9.8」。残る11件の脆弱性はいずれも「7.2」とレーティングされている。

同社では、脆弱性に対処したファームウェア「バージョン1.12.14.7」をリリースしており、セキュリティ機関ではアップデートを強く推奨するとともに、アップデートできない場合は、パスワードの変更、アクセスの制限やネットワークの分離、カメラの停止、ネットワークからの遮断など緩和策の実施を呼びかけている。

今回明らかとなった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-33543
CVE-2021-33544
CVE-2021-33545
CVE-2021-33546
CVE-2021-33547
CVE-2021-33548
CVE-2021-33549
CVE-2021-33550
CVE-2021-33551
CVE-2021-33552
CVE-2021-33553
CVE-2021-33554

(Security NEXT - 2021/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ