Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を

トレンドマイクロのエンドポイント製品に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。すでに悪用されており、早急に更新するよう注意喚起が行われている。

脆弱性が明らかとなったのは、同社が法人向けに提供している「Trend Micro Apex One 2019」「Trend Micro Apex One SaaS」「ウイルスバスターコーポレートエディションXG SP1」「ウイルスバスタービジネスセキュリティ10 SP1」。

今回あわせて4件の脆弱性が明らかとなったが、いずれの製品も脆弱性「CVE-2021-36742」「CVE-2021-36741」の影響があり、これら2件の脆弱性はすでに悪用が確認されているという。

「CVE-2021-36742」は、権限の昇格が可能となる脆弱性で、ローカル環境において「SYSTEM権限」を取得されるおそれがある。また「CVE-2021-36741」を悪用すると、ログインした管理コンソールより任意のファイルをアップロードできるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」におけるベーススコアは「CVE-2021-36742」が「7.8」、「CVE-2021-36741」が「7.1」と評価されている。

(Security NEXT - 2021/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス