Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を

トレンドマイクロのエンドポイント製品に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。すでに悪用されており、早急に更新するよう注意喚起が行われている。

脆弱性が明らかとなったのは、同社が法人向けに提供している「Trend Micro Apex One 2019」「Trend Micro Apex One SaaS」「ウイルスバスターコーポレートエディションXG SP1」「ウイルスバスタービジネスセキュリティ10 SP1」。

今回あわせて4件の脆弱性が明らかとなったが、いずれの製品も脆弱性「CVE-2021-36742」「CVE-2021-36741」の影響があり、これら2件の脆弱性はすでに悪用が確認されているという。

「CVE-2021-36742」は、権限の昇格が可能となる脆弱性で、ローカル環境において「SYSTEM権限」を取得されるおそれがある。また「CVE-2021-36741」を悪用すると、ログインした管理コンソールより任意のファイルをアップロードできるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」におけるベーススコアは「CVE-2021-36742」が「7.8」、「CVE-2021-36741」が「7.1」と評価されている。

(Security NEXT - 2021/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少