Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協

山形大学生活協同組合は、物件情報配信サービスの登録者に関するメールアドレスが外部に流出したことを明らかにした。

同団体によれば、「米沢住まい情報配信」の登録者に対し、7月20日正午前に新着物件に関する情報をメールで送信した際、送信先のメールアドレスを誤って宛先に設定したもの。メールアドレス77件が、受信者間に流出した。

送信の直後に担当者が問題に気が付き、対象者へメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼した。同団体では、再発防止に向けて教育や管理体制の強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2021/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正