Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市

乳児がいる家庭の孤立化を防ぐため、家庭訪問を実施する兵庫県西宮市の「健やか赤ちゃん訪問」事業において、一部調査票が所在不明となっている。

同市によれば、「健やか赤ちゃん訪問」において、民生委員が訪問後に提出する調査票14人分の所在がわからなくなっているもの。調査票には、担当民生委員の氏名、乳児の氏名、生年月日、性別、保護者の氏名、住所などが記載されている。

5月に2月分の調査票13人分が未返却になっているとして、同市担当者が民生委員に連絡したところ、民生委員は返却したとしており、所在がわからない状態となっていることが判明。

6月にも民生委員から返却された4月訪問分の一部調査票が未返却だったことから、担当する民生委員に確認したところ、調査票1人分を紛失した可能性があることが判明した。

調査票は毎月の地区定例会で主任児童委員に返却することになっているが、主任児童委員が定例会を欠席し、別の民生委員へ渡すなど、やり取りの過程で紛失した可能性があるという。

同市では、対象となる14人に対し市の担当者が訪問して説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2021/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス