Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県

神奈川県は、同県が実施するセミナーに関して委託先がメールで案内を送信した際、本来削除済みとなっているはずの個人情報を含む資料が誤って添付され、送信されていたことを明らかにした。

同県では、将来的に介護が必要となるおそれがある状態「フレイル」の対策や介護予防について学ぶ体験セミナーを開催するにあたり、委託先であるかながわ福祉サービス振興会が、7月8日に関係市町村とトレーナーなど20人に案内をメールで送信したところ、過去に実施した交流会の参加者名簿を誤って添付したまま、十分に確認せずに送付してしまったもの。

同法人は、2020年度も同様の事業を神奈川県から受託しており、誤送付した名簿は前年度の事業で作成したものだった。前年度に開催したフレイルサポーター交流会の参加申込書に記されていた氏名、電話番号、メールアドレス、肩書など同県や市町村の職員15件を含むあわせて57件の個人情報が記載されていた。

同資料は本来、2021年3月末の段階で削除されているべき資料で、委託業務完了時に廃棄や消去したことを示す証明書が同法人より提出されていたが、契約に反して削除されていなかったという。

(Security NEXT - 2021/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ