Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬

塩野義製薬は、2020年10月に台湾の子会社がサイバー攻撃を受けた問題で、従業員に関する情報が外部に流出したことを明らかにした。

同社によれば、2020年10月21日に子会社である台湾塩野義がサイバー攻撃を受けたもの。サーバやパソコンにおいて、ランサムウェアと見られるマルウェアの痕跡を確認したことを認めた。

当時一部メディアが、子会社従業員に関する在留許可証や医療機器の輸入許可証などが流出した可能性について報道しているが、同社は従業員データがダークウェブ上に掲載されたことを認める一方、本誌取材に対し、流出したデータの具体的な内容については言及を避けた。顧客情報や機密情報については、外部へ流出した事実は確認されていないという。

脅迫の有無については、ダークウェブに情報が掲示され、ランサムウェアの可能性に言及しつつも、「攻撃者より直接連絡などを受けた事実はない」としている。

同社グループの日本や米国にある拠点に関しては、通信やシステムのログを確認したものの、不正アクセスの痕跡は見つかっておらず、不正アクセスはなかったと結論づけた。

攻撃を受けた子会社のシステムについては復旧しており、攻撃の影響は解消しているという。今回の問題を受け、同社ではセキュリティや情報管理体制のさらなる強化を進めていくとしている。

(Security NEXT - 2021/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省