Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSOサーバ「ForgeRock AM」にRCE脆弱性、すでに被害も - 「OpenAM」も注意を

認証やフェデレーション機能を提供する認証サーバ「ForgeRock Access Management」にリモートより攻撃が可能となる深刻な脆弱性が判明し、すでに悪用も確認されているとして注意が呼びかけられている。

「ForgeRock AM」において、安全ではないデシリアライゼーションに起因し、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-35464」が明らかとなったもの。

同脆弱性が悪用されると、サーバより認証情報や証明書を抽出されたり、不正なプログラムを設置され、さらなる攻撃に悪用されるおそれがある。ForgeRockでは6月23日にアドバイザリを公開。脆弱性の重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングして注意を呼びかけている。

問題の脆弱性は、「同6.5.3」をはじめ、「同6.0.0.x」以降に存在するほか、旧バージョンにも影響。オープンソースの「OpenAM」も同脆弱性の影響を受けるとしてオープンソース・ソリューション・テクノロジがアドバイザリをリリースした。

オーストラリアサイバーセキュリティセンター(ACSC)によれば、すでに同脆弱性を悪用して、マルウェアやツールを埋め込む攻撃が展開されており、オーストラリアの複数組織で被害が確認されているという。これを受けて米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)も注意喚起を行った。

同社では「同7」にて脆弱性を修正したほか、「同6.5.3」から「同6.0.0.x」に対してパッチを用意するとともに、回避策をアナウンスした。あわせて同製品が最小限の権限で動作していることを確認するよう求めている。またオープンソース・ソリューション・テクノロジも「OpenAM」の暫定的な回避策についてアナウンスしている。

(Security NEXT - 2021/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で