Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性

スピリチュアルグッズを取り扱う通信販売サイト「ロゴストロンコム」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するnetenによれば、2019年12月16日から2020年12月7日にかけて、顧客2441人が決済に利用したクレジットカード情報が外部に流出した可能性があることが判明したもの。

システムにおける脆弱性が突かれて決済アプリケーションを改ざんされ、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどの情報を窃取された可能性があるという。

2020年12月7日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり、問題が発覚した。外部調査会社による調査は3月11日に完了しており、同社では4月12日に警察へ被害を申告し、個人情報保護委員会には5月11日に報告した。

対象となる顧客に対しては6月22日よりメールで経緯を報告し、謝罪を行っており、身に覚えのない請求が行われていないか確認するよう求めている。不正アクセスを受けた同通販サイトについては、4月22日をもって閉鎖した。

(Security NEXT - 2021/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
独自コードで検証、「Apache HTTPD」の修正不備を発見
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み
サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル
通信事業者のフロー情報用いたC2サーバ検知は正当業務 - 総務省がパブコメ