Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト

エポック社が運営するシルバニアファミリーオンラインショップにおいて、顧客のメールアドレス1件が304人に流出する事故があった。

同社によれば、7月3日未明に同サイトより顧客305人にポイントの有効期限が近いことを知らせる案内メールを送信したが、システムの不具合で内容が不十分な上に、顧客1人のメールアドレスが宛先に入力されて送信されたという。

本人を除く304人にメールアドレスが流出したため、同社ではメールの配信機能を停止。同社は関係者に対して連絡を取り、メールの削除を依頼した。メールの配信は、不具合を解消次第、再開する予定。

(Security NEXT - 2021/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性