Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化

米政府は、サイバーリスクを増大させる「バッドプラクティス」のリスト化に着手した。ウェブサイトでリストを公開し、重要インフラ事業者などへ対策を促す考えだ。

政府や重要インフラ事業者などが相次ぐサイバー攻撃の脅威にさらされていることを受け、あらたな対策のひとつとして打ち出したもの。

従来より推奨事項をまとめた「ベストプラクティス」を示してきたが、異なる視点での対策も必要であるとし、リスクを高める「悪しき慣習」を取りまとめ、「バッドプラクティス」リストとして公開していく。

重要インフラや国家重要機能(NCF)に携わる組織では、「バッドプラクティス」が存在すると非常に危険であり、国家安全保障、経済、公衆衛生、生命の危険などへ影響を与えるとして警告を発している。

CISAでは、手はじめに2件の「バッドプラクティス」を公開した。

(Security NEXT - 2021/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」における不用意な露出に注意 - 攻撃の糸口となることも
暗号資産交換業者への不正送金対策を強化 - 金融庁ら
JNSA、2023年10大ニュースを発表 - 事件事故の背景に共通項も
国内クラウドサービス、海外に比べてセキュリティ対策に遅れ
「EMV 3-D」の導入ロードマップ策定 - 不正顕著な加盟店は即時導入着手
マルウェアによるアカウント情報の窃取 - 2割強の企業で
金融庁、銀行間振込のシステム障害で報告徴求命令
よく見られるセキュリティ構成ミスは? - 米当局がランキング
「CODE BLUE 2023」のタイムテーブル - 脆弱性関連の講演充実
住民票の誤交付問題で富士通Japanに行政指導 - 個情委