Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし

航空機の給油業務などを提供する日本空港給油(JAFS)は、サーバが不正アクセスを受けてランサムウェアに感染したことを明らかにした。給油業務への影響は出ていないという。

同社によれば、6月21日早朝より同社内のネットワークにおいて障害が発生し、調査を行ったところ、不正アクセスを受けてサーバがランサムウェアに感染し、データが暗号化されたことが判明したもの。

攻撃者からは、サーバ内のデータ復旧を交換条件に、暗号資産(仮想通貨)を支払うよう要求があったという。ただし、データ窃取に関する言及はなかったとしている。

ランサムウェアの種類や、サーバ内部における個人情報や機密情報の有無など、詳細は明らかにしておらず、現在調査中であるとしてコメントは得られなかった。

同社では、所管官庁へ報告するとともに警察へ相談。引き続き調査を進めている。また今回の障害による同社給油サービスへの影響については、関連業務を含めて否定している。

(Security NEXT - 2021/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社
川崎汽船の海外子会社に不正アクセスか - 闇サイトにデータ
富士フイルム、情報流出なし - 業務や流通も通常どおりに
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告