Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし

航空機の給油業務などを提供する日本空港給油(JAFS)は、サーバが不正アクセスを受けてランサムウェアに感染したことを明らかにした。給油業務への影響は出ていないという。

同社によれば、6月21日早朝より同社内のネットワークにおいて障害が発生し、調査を行ったところ、不正アクセスを受けてサーバがランサムウェアに感染し、データが暗号化されたことが判明したもの。

攻撃者からは、サーバ内のデータ復旧を交換条件に、暗号資産(仮想通貨)を支払うよう要求があったという。ただし、データ窃取に関する言及はなかったとしている。

ランサムウェアの種類や、サーバ内部における個人情報や機密情報の有無など、詳細は明らかにしておらず、現在調査中であるとしてコメントは得られなかった。

同社では、所管官庁へ報告するとともに警察へ相談。引き続き調査を進めている。また今回の障害による同社給油サービスへの影響については、関連業務を含めて否定している。

(Security NEXT - 2021/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
住民税決定通知書のデータ約15万件が外部流出 - 和歌山市
徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存
ルーマニア拠点にサイバー攻撃、影響などを解析 - NTTデータグループ
角川ドワンゴ学園の生徒や保護者情報も流出か - KADOKAWAが報告